高負荷な状態はグループウェアで避けるべき事象

グループウェアの負荷を軽減させると、一つの行いが波及して運用者とユーザーのどちらにとっても使いやすいシステムを形成できます。
負荷はサーバーにかかることによって、グループウェア全体に影響を及ぼします。



運用者側が高い負荷で困ることは、システムダウンの頻発です。



導入して日が浅ければ、定期的にグループウェアが利用できなくなる事態はユーザーも織り込み済みです。

しかしながら、安定期に入ってきてもな四六時中活用できないグループウェアは活用するに値しません。

稼働率が重要な判断指標になるために、負荷の軽減は最重要課題というわけです。


サーバーに負荷が集中するのは、多くの利用者が一斉に操作するときです。

データの送受信を伴うのが常ですから、避けようのない事態であるとも言えます。


管理者が頭をひねり工夫を凝らすことによって、難なく解決できる問題です。
経費節減のためにサーバーを一台だけ設置している場合、高い確率でシステムダウンを引き起こします。
あらかじめ複数台を設置してさえいれば、負荷を分散させることが可能です。

教えて!gooの情報を知りたい方必見です。

経費の計上の権限を握っている人物を納得させるには、人工的に高負荷の状況を作り出して実演すると良いです。

どの程度の影響があるのかを明確に示せば、サーバーの設置費用を捻出させられます。
ユーザーからしてみても、負荷が軽くなれば画面遷移やデータ送信の折に遅さを感じません。


次々と業務の移行を果たせるので、より効率的な利用が見込めます。