グループウェアに保有情報を流す

?ストレージが備わっているグループウェアは、使い方が上手なら事業が円滑に次々とこなせていきます。

グループウェアはメッセージやスケジュールのやり取りが得意ですが、もともとは電子データですからファイルやフォルダの管理にも長けています。

Girls Channelの情報がわかりやすく紹介されています。

データの保管領域を有効活用できるグループウェアの機能である一方、コンプライアンスを重視して運用しないと大変な手間がかかる作業に見舞われかねません。

社外に持ち出すことが認められていない資料をデータ化してから、何でもかんでもグループウェア内に保管するのはいただけないです。



堅牢なサーバーで管理してネットワーク上に公開するべきでないほどの重要なものは少なくないので、線引きをしっかりしていないと利用者の操作ミスで同業他社に内部機密が知られてしまう可能性も拭えません。単独で内容を特定できないデータであれば、上層部との相談を経る必要なくストレージにアップロードしても差し支えないです。あくまでも社外秘の情報だけですから、相談に割く時間の配分も考える必要があります。
その一方で、データの分類基準も考案しておかないと混雑した内情になってしまいます。

グループウェアを導入するには、確固たるコンプライアンスが整っていなければなりません。運用途中で感じた気づきを根拠を中心として、危ういデータ管理であると判明すれば即時的に改善策を反映させるべきです。徐々に正常化されるので、導入から時が経過するほど堅牢なストレージに昇華します。