感知結果が反映されるグループウェアで手入力を減らす

特殊機能が満載のグループウェアを有効に活用するコツは、使えるものを一つひとつ試用して取捨選択を済ませることです。



行き交う人を感知する装置とグループウェアを連携させられるなら、いろいろな役割を持つルームの状況が即時反映されます。
利用者どうしが活発に意見を交換するための部屋は、先客がいると入って活用できません。
誰かが巡回を行いグループウェアに状況を手入力する方法は一つの手ですが、効率性を追求組織には似合わないです。些細なことでも手間が生じると、なし崩し的に改善欲求が強まらず当事者たちの向上心が薄れかねません。感知用の装置が定期的にデータ送信を行う土壌が整えば、グループウェアの画面に誰かが入力しなくとも利用者の欲する情報が更新されます。



手入力だけであれば、数秒程度で完了してしまいます。

All Aboutの情報を確認できるサイトです。

しかしながら、巡回のために席を外すことによって従来まで携わっていた作業の手が止まります。

結果として再開する折には集中力を回復させるまでに時間がかかりがちなので、生産性の低下を招きかねません。


人には感情があるために、機械のように淡々と物事をこなすことを得意としないです。


作業が終了する瞬間まで手を止めなければ、能率性の向上が期待できます。対象となる部屋を利用している人たちには、常に動かないといけない気持ちを植えつける効果があります。
動きのある物体に反応する装置なので、身振り手振りを交えた発言が頻発して場の盛り上がりにつながります。